読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなエースはザ・スリーパーと無敵の勇者タートル

今週のお題「今、読みたい本」>
まさに日本版Kindleの発売に併せてiPhoneKindleアプリ入れてワイルドカードをDLした私向けのお題!
 
Kindle 3.4(無料)App
カテゴリ: ブック
販売元: AMZN Mobile LLC - AMZN Mobile LLC(サイズ: 20.2 MB)

 

えーとこのシリーズについて簡単に説明すると、1946年に宇宙人の細菌兵器がニューヨーク上空で炸裂して、NYに超能力者や異形の、しかし特殊能力を持たない人々を産み出した、という世界を題材にしたSF活劇なのですが、モザイクノベルと銘打って、複数の作者が同じ事件を複数の主人公で描写する…ゲームで言うと「街」とか428、映画で言うと「マグノリア」みたいな素敵作品なんですけど、メイン訳者・黒丸尚氏の没後は邦訳版が3巻でストップしてしまったんですよね…
なんとか4巻以降も読んでみたいのです。多分向こうでは20巻以上出てる。
Wild Cards - Wikipedia, the free encyclopedia
 
ペーパーバッグも買ってはみたんですが、やっぱり挫折しちゃって(笑)

また電子書籍を購入してみたりしたんですが、ワンタッチで英和辞典にアクセスできたりしてちょっと読み進める希望が湧いてこなくも無いのです。*1
  

Wild Cards I

Wild Cards I

*2
Wild Cards

Wild Cards

  • 作者: David D. Levine,Michael Cassutt,Carrie Vaughn,George R. R. Martin
  • 出版社/メーカー: Tor Books
  • 発売日: 2010/11/23
  • メディア: ペーパーバック
  • クリック: 4回
  • この商品を含むブログを見る
ちなみにこの版には邦訳版には未収録のジェニファー・マロイとかの書き下ろし版の短編が収録されたりしていて…もう…もっと学生時代に本腰入れて英語勉強するんだった、と後悔し通しですよ(読めてない)
 
それにしても本当に英語のカタログ読んでおっかなびっくり船便で取り寄せてた頃からすると洋書の入手って本当に楽になりましたな。*3
 
邦訳版はこちら。アメコミ的な超能力バトルとか好きな人にはマジお勧めなんですが、正直冒頭のジェットボーイの話とかわかりづらいので3巻の人物紹介をみながら2巻を読んで気に入ったら一巻に遡ってみる読み方がお勧め…ってこれじゃ売れないわけだ(笑)
大いなる序章〈上〉 (創元SF文庫―ワイルド・カード)

大いなる序章〈上〉 (創元SF文庫―ワイルド・カード)

大いなる序章〈下〉 (創元SF文庫―ワイルド・カード)

大いなる序章〈下〉 (創元SF文庫―ワイルド・カード)

宇宙生命襲来〈上〉 (創元SF文庫―ワイルド・カード)

宇宙生命襲来〈上〉 (創元SF文庫―ワイルド・カード)

宇宙生命襲来〈下〉 (創元SF文庫―ワイルド・カード)

宇宙生命襲来〈下〉 (創元SF文庫―ワイルド・カード)

審判の日〈上〉 (創元SF文庫―ワイルド・カード)

審判の日〈上〉 (創元SF文庫―ワイルド・カード)

審判の日〈下〉 (創元SF文庫―ワイルド・カード)

審判の日〈下〉 (創元SF文庫―ワイルド・カード)

*1:これがiBooksだと洋書は英英辞典にアクセスしてくれるので日本人にはちょっと辛いのです

*2:日本版Kindleの発売に便乗したお題なのに、ASIN記法はまだKindleストアに未対応なのね/その後対応した模様です

*3:いや、私ゃそんなことしたことありませんので伝聞ですが