海老の都でリバイバル上映ですか!?

 ワーナーマイカルの子供向け映画を安価にリバイバル上映企画で結構プリキュアかけてるところがあるんですけど、割とちかくの海老名でハートキャッチプリキュア!をやってたのでまた見に行ったよ。
http://distilleryimage11.instagram.com/c96a16fc5ed611e18bb812313804a181_7.jpg
とは言えうっかり以前行った事があるTOHOシネマズに足を運んで「プリキュア一枚」をやらかしちゃったのはさすがにどうかと我ながら(笑)受付のおねいさんすみません。
 
 映画は…やっぱりいいねえ、しばらく時間を置いてから見るとあのやけに力の入った変身バンクが素晴らしいです。おしりタンバリンも金田朋子のデザトリアン演技も素敵過ぎます。
 そしてつぼみさんが天使、口には出さないものの初対面から既にルー・ガルーに愛情を持って接しているサラマンダー男爵とオリヴィエの関係性とかもいい。
 この映画恋愛要素以外のプリキュア全部入りと言っていいんじゃないかな…などと感動してる側で幼女はいつきさんの長セリフあたりで退屈になったらしくて立ち上がってキョロキョロしたりしてましたけど(笑)
 なかなか子供向けアニメって大人がこう受け取って欲しい、という具合には子供には伝わらないものだねえ。直接劇場のお友達に呼びかける形でなく、劇中の「みんな」に呼びかけるミラクルライト待ちシーンもさりげなさすぎて自前のミラクルライトを用意していたお子さんもどこで振っていいか分からない様でした。封切り当時は他の子が振るのを見て降り出す子、という図式があったんでしょうな。
 で、その直後のでかい女降臨も何度見ても吹くなぁ(笑)
 
 ラストシーンもとても綺麗でね、どっちかというと闇属性の俺もいつか荒れ地に花を咲かせる事が出来るだろうか?て、前にも言いましたか?これ。
 
 帰って久しぶりにはてなハイクキュアサンシャインさんを描いてみる。

最近はhaheratterを使ってみたりしてるのですが、これはいいなあ、拡大縮小がまともに機能するってだけでもハイクツールの幅が格段に拡がりますよ。そこまでしてハイクツールで絵をかかねばならんハイク脳の人以外には無用の長物ですが(笑)

早起きは三文の得

プリキュア映画と言えばプリキュアオールスターズ ニューステージのPRでiPhone用のプリキュア目覚ましが無料公開されております。
 
プリキュア目覚まし 1.0.0(無料)App
カテゴリ: エンターテインメント, ユーティリティ
販売元: Interlink Corporation - Interlink Corporation(サイズ: 10.9 MB)

 
目覚まし機能の他に映画公開日のカウントダウン機能も付いているぞ(笑)
http://a1.mzstatic.com/us/r1000/082/Purple/58/dc/16/mzl.kcxwsfqs.320x480-75.jpg
 
しかし、電源入れっぱなしでないと機能しないとかかなり使い勝手は悪い。
http://a4.mzstatic.com/us/r1000/070/Purple/a3/eb/28/mzl.rxolhkrs.320x480-75.jpg
 アラームセットしたらもうゲームとか遊べないし、電話かかってきたあとうっかり電源オフにしたらもうアウトなんで正直実用向けにはお勧めしません(笑)
 プリキュアの声で目が覚めると確かにテンション上がるんだけどねー、惜しいね。
 
 キャラクターは止め絵でタップすると決め台詞が聞けます。お目覚め音声は各員、思い思いの起こし方をしてくれるのですが、ビューティだけ「早起きは三文の得」とか妙に落ち着いたテンションで言っててなんかノリが違います。こういうキャラなのかな。
 
 こういうキャラ時計って他にもありますがやっぱり電源入れっぱなしじゃないと機能しないみたい。
 
魔法少女まどか マギカ iP 1.0.0(無料)App
カテゴリ: エンターテインメント, ライフスタイル
販売元: NamcoBandai Games Inc. - NamcoBandai Games Inc.(サイズ: 11.2 MB)

 
 これなんかキャラクターがアニメーションしたり、触ると反応したりするんですが、キャラクターを外してタップしても「痛い」とか言い出すのがちと萎える。これもまあ「無料だからなぁ」と見て見ぬふりをするのが正しいつきあい方なのだろう。
 
メルルのアトリエ〜アーランドの錬金術士3〜 App 1.01(無料)App
カテゴリ: エンターテインメント, ユーティリティ
販売元: Creators Guild.,Ltd. - Creators Guild.,Ltd.(サイズ: 13.2 MB)

 
これはかなり存在感のあるアニメーションするわ、キャラクターの反応も多いわすごいですが、目覚ましとしての実用性は似たり寄ったり。
http://a2.mzstatic.com/us/r1000/118/Purple/af/89/6a/mzl.cijismpj.320x480-75.jpg

多分一番よく聞いてる高取ミュージック(笑)

iPhoneのアラームと言えば、日本のiPhoneは着メロがデフォルト音声からの選択しかできないという記事をしばらく鵜呑みにしてたんですが、iTunesだけで変更可能と言うことで、目覚ましはゴローダーGTを使う事が多いです(笑)いや、CMソングって着メロ用のトリミングしなくていいから楽よ(笑)

やり方は色々解説してるところありますのでそっちにまかせた!(笑)
http://iphoneac.com/beginner7.html 
 
多少手間がかかるのと、普通の曲を切り出すときはどこをトリミングするか悩むとか、拡張子なんかなかなか変更しないからどうやるんだっけ?とか、着メロ用の音源とメール着信用の音源の録音レベルがばらついてると結構やかましいことになったり、とかいうのはありますわ。

戦闘少女がどうこう

 プリキュアの映画が始まる前にお母さん達が訳知り顔で
「(プリキュアシリーズは)セーラームーン以来の女の子が戦うアニメで」
「それまでは女の子が戦うアニメってなかったもんねー」
とか話してるのが耳に入ったんだけど、もちろんそれ以前にキューティーハニーがありますし、ハニーの リメイクもセーラームーンの放送中くらいにやってたんじゃないかな。
 
 更に言えば俺の妹なんか魔神英雄伝ワタルのヒミコとか大好きでした。ナウシカなんかもざっくり言えば戦う美少女だろう。
 戦隊の女性キャラはおもちゃが売れないのは常識なんですが、結構ロボットアニメの女性キャラとか女の子に支持されていたんじゃないかな。
 番組のマーケティング自体が昔とは違うとか、まあそういう事情もあってその辺の感覚って薄れてきてますし、今の戦闘女子アニメってプリキュア以外は軒並み大きなお兄さん向け、って印象は確かにありますね。
 あー、でもブリーチとかワンピースとかフェアリーテールとかにもその系譜残ってんな。特にオチもなくこの話は終わります。