飛岡剛は改造人間である


馬孫堂
のトップ絵を更新しました



もともと仮面ライダー THE FIRSTの語られ方に違和感があってそれについて書こうと思ってたんだけども、なんだか飛岡ライダーを描いたら、それについて語ると長くなって映画の方については項を改めて書くことになりそうな予感



正直ゼクロスやZoよりマイナーだからね、飛岡ライダーって



えーとね、仮面ライダーの前身と言われるスカルマンって漫画があるんですよ。

で、CMでも使われているTHE FIRSTのサイクロンジャンプでライダーがシルエットだけで目だけが光ってるシーンあるじゃないですか。

あの絵もの凄く痺れるものがあるんですが、あのシルエットが何ともスカルマンを思い出させてくれるんですよ。



で、その続編を…まあちょっとごたごたしながら島本和彦先生が描いてまして、その中で明らかに(若いころの)藤岡弘をモデルにしてる感じの刑事が出てくるんですが、連載後半でバッタの改造人間にされてしまうのですわ

それがトップ絵に描いた旧飛岡ライダー(笑)で、この後スカルマンに再改造されて格好いいバイクに乗るようになったりします。

飛岡ライダーが活躍するのは文庫版でいう4巻と5巻です。

まぁ、あとがきに「石森作品の良く解らない感じを再現したかった」なんてことを言ってるだけあって(笑)*1たしかにぐだぐだした感じの作品ではあります。

飛岡自体は島本版にかなり初期段階から出てくるのにライダーになるの4巻だからねぇ

(正確にはバイクに乗るのは5巻からですが)

スカルマン (4) (MF文庫)

スカルマン (4) (MF文庫)


*1:手元に全巻揃ってないので正確な文面は解りません