読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長峯達也ハートキャッチプリキュアを語る

 こないだ東京MXの再放送でS☆Sの8話を見て、神回だねえ、と言うような話をしたら「え?そんなんしらん。」みたいに返されたZZてらりんです。
 ちなみにS☆Sの前は、夏休みあたりのタイミングでハートキャッチプリキュアの一挙再放送があったのですが(というか夕方月〜金でずっとプリキュアを再放送してる枠が出来上がってる)、それを見た長峯監督がツイッターでやけに回想モードになっちゃって、色々興味深いお話が飛び出してます。
 
長峯達也監督の『ハートキャッチプリキュア!』打ち明け話 - Togetterまとめ
 

18話は何故か楽器のバンジョーが出てきます。バンジョー!!気軽な気持ちで出したのが大騒ぎ!!音響効果の石野氏がバンジョーってなんだ!!どんな音がするんだ!!買うのか!?こっちもバンジョーが空高く響く事しか解らないので調べまくり!!そんな事でも真剣に悩んでくれるのが嬉しかったです。
 
atagawaatami 2011/07/26 17:27:17

単に番長とバンジョーのダジャレを言うのにこの騒ぎw
 

22話。グリーンなカーテンとフィンガーのお話。園芸部の話はもっとやりたかったな。一年て短いので欲張りすぎるといろいろ描き切れないね。部長さんは最初のプロットではもっと不思議少女で、もっとプリキュアっぽい感じの予定でした。でも、ミスリードでファンタジー過ぎるのでやめてもらいました。
atagawaatami 2011/08/04 02:12:43

一年て短い…とか言いつつ出し惜しみしちゃった要素もありますよね。

24話はマント!12話でマント装備する予定でしたがイベント的に大きい回で初登場させようと12話のコンテの時点で変更しました。巨大な敵と戦う時に便利な様にどうしても空を自由に飛べる理由を設定したかったのです。キャラのシルエットも大きく変化するしいろいろとやっぱりマントは便利なのです
 
atagawaatami 2011/08/06 03:50:59

戦闘中は傍観や解説キャラな妖精がマントになる事でカメラをバトル以外に振らなくてもいいのです。テレビシリーズは300カット前後で作らないといろいろ不都合なので余計なカット作りたくない。バトルはバトルに集中したい!敵、味方、傍観の3カ所にカメラ振ると位置関係の説明がやっかいで面倒です
 
atagawaatami 2011/08/06 04:00:15

空飛ぶプリキュアはもっと回数見たかったかも。放送初日からあのOPは印象的でしたがまさか全部やるなんてなぁ(笑)
 

サンシャインバンク。動画は1000枚位だったけど、透過光マスクやぼけマスク、ブラシセルやその他で仕上げ枚数が5倍になっていてドびっくり!演出助手の張り切りに以後かなりビビらせられる事になります。全体的にこの頃は制御不能になって来てたなぁ。勝手に良くなるスパイラルに陥っていた感じ。
 
atagawaatami 2011/08/04 22:27:07

初登場時から語りぐさだったキュアサンシャイン変身バンク五千枚の真相。ちなみに普通の30分テレビアニメが一話で五千枚くらいだとか(笑)やっぱ頑張りすぎだ!でかした!(笑)
 
しかし多忙の為しばらく休んでいたかと思うと9月8日に一挙に20話分くらいの解説を深夜にはじめちゃってて、朝からそれ読んでたので危うく遅刻しそうになったよ(笑)

キュアフラワーちゃんすを狙っていた長峯は32話の試練をキュアフラワーにしようと画策していたのですが、コッペ様の正体をばらすタイミングを失ってしまいそうなので、この回ではキュアフラワーは断念しました。プリキュアパレスはおもちゃで出してもらってキュアドールを飾ろうと画策したものです。
 
atagawaatami 2011/09/08 03:52:42

あーそれはキュアフラワー相手の方が燃える…ていうかクリスマスに何の説明もなく若返るあたりとこのあたりの薫子さんの言いぐさは矛盾してますが(笑)
 

HEART GOES ON 作曲の高取さんに「これこれこういう場面で使います」と説明して作って貰った曲です。最後の決戦にふさわしいアタックの強い曲が欲しかったので学園祭にあってなくてもかっこ良くとお願いしました。でも、36話でもバッチリあってましたよね。工藤さん池田さんも最高です
  
atagawaatami 2011/09/08 04:00:15

あんな上手い中学生がいるか(笑)地味に高取さんてプリキュアソング沢山書いてるんだよね。
 

オーケストラさん。フォルテウェーブは発射系。フォルティッシモは突入系。バーストはホーミング+多段ランチャー。あとは!あとは!召還系だ!!と決める。もちろん決め技は”ぱんち”。それは譲れない。でも、ぎりぎりに上がってきたキャラ表のオーケストラさんの拳に鋲がついていたのは想定外だった
 
atagawaatami 2011/09/08 04:04:17

39話地岡氏コンテ。シリアスな話が続いたのでギャグ回。シリーズの構成は理想のものはあってもいろいろ事情が出来て歪んでしまいがちです。でも、ならば!それならば!!と踏ん張るのです。ラストにボスナッキーが白く浄化されて、土管の中に退場してゆくアイディアは度肝を抜かれました。自由すぎる
返信する RTする ふぁぼる
 
atagawaatami 2011/09/08 04:05:06

正直視聴者としてはどんなにシリアスな話をやっても後半はオーケストラさん(で名称確定かよw)の身も蓋もない攻撃を見るとどうでも良くなってた(笑)
 

47話。小川氏演出。ラストでまとめる為に48話でいろいろやらかしたら、47話と気持ちとかつじつまが合わなくなってしまった。で、黙って47のコンテを描き直してくれたのはいい想い出。すまぬ。前半はずっとシリアスなのがつらいので入れました。こういうのをコメディリリーフって学校で習った。
 
atagawaatami 2011/09/10 04:39:58

一年間堪忍袋が切れまくってたつぼみがゆりを叱るあたりの成長描写は熱かったが、そのしわ寄せがこんなところに!(笑)あの潜入変装パートは必要か?と思って見てましたが必要だったんだな(笑)
 
ざっと抜き出してみましたけど、こんなの読んでないで原文当たった方がいい(笑)